耳鳴りに悩まされている方必見!耳鳴りを治すには正しい原因の理解と音響療法が効果的

どこからともなく聞こえてくる耳鳴り・・・

気になって眠れない、という方も中にはいるのではないでしょうか?

耳鳴りがどうして起こるのか、そのメカニズムをしっかり理解することは実は耳鳴りを改善する第一歩なんです。

それは、「なぜ」の部分を理解するだけで耳鳴りの症状が改善されるケースが驚くほどたくさんあるからです。

精神的な部分の要因もある耳鳴り、上手に付き合って改善させていくにはどうしたら良いのか、原因と治し方について今回は見ていこうと思います。

 

1.耳鳴りとは?

厚生労働省の「国民生活基礎調査の概要」によると年齢を重ねる中で聞かれる健康問題に耳鳴りがあり、50代から症状を訴える人の割合はどんどん増えています。60代では半数の人が、70代に及んでは約7割の人が悩まされているとまで言われています。

どこからともなく聞こえてくる妙な音を一般的に耳鳴りと言いますが、その聞こえ方には個人差があり、環境によって気になる度合いも変わってきます。

なぜ実際にはない音が耳で聞こえてしまうのか、それは耳鳴りが「脳が作り出した聞こえないはずの音」だからです。

どういうことなのか、耳鳴りの原因のほとんどだと言われている加齢性難聴の説明部分(次の段落)で詳しくみていきましょう。

 

2.耳鳴りの原因

①加齢性難聴

耳鳴りの症状を訴える人の多くでは難聴が原因の根の部分にあると言われているのをご存知でしたか?

難聴って聞こえないことを意味することなのに耳鳴りと関係があるってどういうこと?と思うかもしれませんが実は2つには深い関係があります。

耳鳴りにはいくつか原因がありますが、その中で圧倒的に多いのが「加齢性難聴」が元となっているものです。

私たちが普段耳が聞こえているのは音が空気を伝わって鼓膜を振動させるからです。この振動は「有毛細胞」に伝わってはじめて脳内に「音」として伝達されます。

ところが、歳とともにこの有毛細胞が衰えるので音としての電気信号が脳までうまく伝わらなくなってしまいます。

こうして音が聞き取りにくい「加齢性難聴」になると、脳は聞こえない部分の音域を補おうと勝手に聞こえにくい音域の電気信号を補ってしまうんですね。

そのようにして過剰に聞こえてしまう音が耳鳴りとなって現れてしまうというわけです。

耳鳴りの音の種類としては

高い音が聞こえない場合・・・「キーン」

低い音が聞こえない場合・・・「ゴーッ」

全体的に聞こえない場合・・・「ザーッ」

といった風に分かれると一般的には言われています。

加齢性難聴が原因の場合は自然な老化現象の一つなので耳鳴り自体を必要以上に不安がることはありません。

②耳鳴りに潜む病気

加齢とは関係なく病気が原因で起こる耳鳴りもあります。比較的多い耳垢塞栓や滲出性中耳炎、急性中耳炎、慢性中耳炎などは鼓膜より外側や鼓膜のすぐ奥で起きる病気です。

こういった病気は音を感じる有毛細胞そのものには異常がありませんので、治療によって耳鳴りも改善されます。

それぞれの病気の症状を見ていきましょう。

耳垢塞栓(じこうそくせん)

症状:聞こえが悪く、耳が詰まった感じがする。耳の中でカタカタ・カサカサと物が動く音がする、など。

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

症状:痛みや発熱などはないが、両耳で難聴が起きる。耳が詰まった感じや耳鳴りが聞こえる。

急性中耳炎

症状:ウイルスや細菌への感性による炎症で中耳に膿が溜まって起きるので、耳の痛みや発熱などが起きる。

慢性中耳炎

症状:急性中耳炎が進行して耳の中から汁のような分泌物が出てくる(耳垂れ)。聞こえも悪くなる。

こうした症状が見られた場合はまず耳鼻科を受診して正しい治療を受けましょう。耳鳴りだけでは知識が足りない医師がいるもの現状ですので、なるべく今起こっている症状を細かく説明し、必要であればいくつかの病院を試すことも大事です。

いずれにせよどんな病気でも早期発見・早期治療が大切ですので気になったら医師に相談してください。

 

3.耳鳴りには不安とストレスは禁物

加齢性の耳鳴りは老化現象の一つであり根本的な治療方法はなくとも悪化する心配はありません。

一方、病気が原因の耳鳴りの場合は、病気そのものを治すことで耳鳴りを改善することができます。

しかし、気をつけたいのが耳鳴りを今より悪化させてしまうケースです。気になりだすと止まらない耳鳴りは、強い不安やイライラが症状を悪化させてしまう場合があります。

悪化の原因には、「耳が聞こえなくなるのでは?」といった耳鳴りに対する強い不安や、日常生活でのストレスなどが複雑に絡み合うことで夜も眠れないほど悩んでしまう人がいます。

深刻なケースではそのまま不眠や食欲不振、倦怠感などの体の不調が生じ、うつ病を発症するレベルにまで達してしまうこともあるのです。

対処法としてはまず耳鳴りに対する正しい知識をつけることが大切です。

実際、耳鳴りで耳鼻科を訪れてカウンセリングを受けた患者の半数では、耳鳴りの正しい原因やメカニズムを聞いて納得しただけて症状が軽減しているのです。

 

4.耳鳴りの治し方

音響療法

耳鳴りが気になってイライラしたりストレスがかかると、余計に耳鳴りにばかり意識が取られることになりストレスが大きくなる一方です。

この悪循環を断ち切る方法の一つとして言われているのが「音響療法」です。音響療法とは、自然の音やノイズなどを聞き続けることによって相対的に耳鳴りの音を小さく感じさせて、次第には気にならない程度まで持っていく療法です。

耳鳴りが気になる環境とはつまり周りが静かな環境です。不眠に悩むのも眠りに就こうしたした静かな時に耳鳴りだけが聞こえてきてしまうからです。

そこで、わざと別の音を聞き続けることで耳鳴りから意識をそらしてしまおうというものです。

音響療法は自宅でも簡単に行うことができます。例えばスピーカーやイヤホンを使ってラジオや好きな音楽をBGMとして流し続けます。

寝ている時には環境音と言って、波の音や鳥のさえずりなどの自然音を大きすぎない程度の音量に調節して流せると良いと思います。

雨が降っている音などは心を沈める効果もあるそうですので、試してみると良いと思います。

もしこうした音響療法だけでは改善が難しい場合は「サウンドジェネレーター」と呼ばれる音響治療器を使ったり、それでも難しい場合には補聴器を使う方法があります。

補聴器を使用することで聞こえにくい音域の音を広げることができます。すると弱まっていた音域の電気信号が刺激されて強くなるので過剰に動いていた分の耳鳴りが改善されることになります。

でも補聴器は高いし初めてで不安・・・という方は手軽に試せるサプリはいかがでしょうか。

【太陽の恵み】は、耳鳴り・難聴・更年期の症状の予防・改善を目的としたサプリメント
赤ワインの100倍~300倍ものポリフェノールを含む赤ブドウ葉や、オレウロペインを豊富に含むオリーブ葉が含まれています。

これらが抗酸化力をサポートして、耳鳴り・難聴、更年期などにもよく効くとして多くの方に愛用されていて、最近では雑誌にも取り上げられて話題になりました↓

通常なら1袋で7800円なのですが、公式ウェブサイトからの注文だと毎月の定期コースがなんと25%もお得になって5850円で買えちゃうんです。

もちろん送料無料で、解約や変更がいつでもできるので2ヶ月だけ試してみようかな・・・と気軽に始めることができて安心です。この機会にぜひ試してみてください。

>>>耳鳴りに有効【太陽の恵み】サプリを公式ウェブサイトでみる

4.まとめ

耳鳴りは脳が聞こえない音を作り出すことで聞こえてしまう架空の音。その背景には難聴があることがほとんどでした。

他の原因としては耳に関わる病気が考えられるため、不安な時はまず耳鼻科を受診しにいくことが求められます。

また、耳鳴りは治らない、などという根拠のない情報などによって不安やストレスが煽られて、症状が悪化してしまうケースがあります。

耳鳴りに関する正しい知識を身につけることがそうした不安を取り除き、1日でも改善するための第一歩です。

毎日の改善には、自分でもできる音響療法などを積極的に取り入れて改善に役立てみてください。