ネイティブのように!超便利な英語表現⑤疲れたをtired以外で言うには?

こんにちは^^

最近少し疲れているのか朝がいつもよりまして弱くなっているチャキです。

疲れているな〜っていう時に、みなさんだったら英語でなんて表現しますか?

定番なのはやはり“I’m tired.”だと思いますが、日本語だったら「死にそう」とか「倒れそう」なんて具合にちょっと大げさに言うことで疲れ度を表すことができますよね。

英語にもそうした表現あるんです!と、いうことで、今日は「疲れ・疲労」を表す便利なネイティブ表現をご紹介します。

まずは会話例をご覧ください。

 

会話例1

A: Aren’t you having dinner?

B: Yes I am, but not now. Need to lay down.

A: God, you look exhausted. What happened?

B: I helped my friend for moving out for whole day. I’m dying.

 

夕ご飯食べないの?とAがBに尋ねます。

Aren’t you having dinner?

食べるけど今はいいや、というB。横になりたいと言っています。

Need to lay down.

顔色を見たのでしょうか。すごい疲れてるじゃん、と心配するAは、Bに何かあったのか聞き出そうとします。

God, you look exhausted.

今日一日中友達の引っ越しの手伝いをしていたんだと答えるB。大げさに死にそうとつぶやいていますね。

I’m dying.

 

会話例2

A: Hey, we are having a party next Sunday. Would you like to come?

B: I’d love to. But my race is on Sunday too. I’ll be done by 5pm but willl be shattered after that.

A: Oh shoot, of course your marathon! Don’t worry about it then, good luck!

B: Thanks, I think I need some!

 

来週の日曜日にパーティーするけど来ない?とAがBに誘う場面。

Would you like to come?

Bは行きたそうですが、同じ日曜日に大会があるようですね。5時には終わるだろうけど、その頃にはもうヘトヘトになってると思う、と言うB。

willl be shattered after that.

ああ、確かにマラソン大会だったね!と思い出した様子のA。パーティーは無理しなくていいから頑張ってねとBを応援します。

Don’t worry about it then, good luck!

ありがとう、(走りきるには)運も味方にしないと、と少し不安そうなBでした。

I think I need some!

 

会話例3

A: You look knackered. Is something wrong?

B: Do I? Well, I have been struggling to sleep these days.

A: That’s not good. You should see a doctor if that’s been a while.

B: Yeah I guess. Will try to relax as much as possible this afternoon.

 

ものすごい疲れているようだけどどうしたの?と尋ねるA。

You look knackered.

え、そうかなあ?と自覚がない様子のBですが、最近眠れないと話します。

I have been struggling to sleep these days.

それを聞いたAは、それは良くないよ、しばらく続いているようならお医者さんに診てもらわないと、と返します。

You should see a doctor if that’s been a while.

するとBは、とりあえず午後は出来るだけリラックスして過ごしてみる、と返していますね。

Will try to relax as much as possible this afternoon.

 

いかがでしたでしょうか。

3つの会話例では、「疲れた、疲れている」の表現として以下の4つをご紹介しました。

  • exhausted
  • dying/ dead
  • shattered
  • knackered

どれもtiredよりも疲れ度が強く、「くたくたでもう力が出ない」くらいの印象を与えます。

Dying/deadとknackeredがこの中では比較的に一番度合いが強いですが、shatteredも含め、あまりフォーマルな言い方ではありません。

文法的用法としては、「疲れている」、という状態を言いたければ、シンプルに疲れている人を主語にしてbe動詞の後にそのまま続けますし、

疲れているね、という見た感じを言いたければ、会話例1や3のようにlookを前に付ければ大丈夫です。

God, you look exhausted.(会話例1より)

You look knackered.(会話例3より)

 

また、dying/deadに関しては、体の一部分を主語にして

My legs are dying.

(歩き疲れて)足が折れそう。

なんていう表現も可能です。

 

同じ疲れの状況を表すのにも、いろいろな表現ができるのです。

こうした表現を使えるようになると、ネイティブの相手にもあなたの疲れ度をわかってもらいやすくなります。

今度「疲れたな〜」と感じた時は、今日ご紹介した表現で一人つぶやいてみてくださいね。

 

それではまた次回!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です