フランス人と日本で結婚する手続き②必要書類徹底解説!

さて今回は、『フランス人と日本で結婚する手続き』のサブセクション、

『2.準備書類は何?ー必要書類徹底解説編ー』の前半です!

2017年1月29日 プロポースされる

2017年2月4日 実家の両親にスカイプで報告

2017年2月5日 日本行きチケット購入 ⇦ ここまでのお話はこちらの記事を。

2017月2月5日以降 リサーチ、必要書類準備 ⇦ ここのお話

2017年3月1日 超重要項目に気づき大パニック

2017年4月5日 チャキ単独で日本に帰省

2017年4月29日 旦那日本到着

2017年5月9日 無事?婚姻届提出

 

1.日本でフランス人と結婚する時に役所で提出する必要書類

基本的には以下の4点です(準備しやすい順)。それぞれについて説明していこうと思います。

  1. 婚姻届
  2. 結婚するお相手のフランス人のパスポート
  3. 戸籍謄本(婚姻届を出す予定の日から数えて3ヶ月以内に発行されたもの)
  4. 婚姻要件具備証明書(Certificat de capacité à mariage)

1.1 婚姻届

婚姻届はお近くの役所で予めもらっておくといいのですが、私はどうしてもゼクシィのピンクの婚姻届が欲しかったので(恥)、旦那より一足先に日本に帰った4月の時点でソッコー書店に行き買いました。

ちなみにみなさん婚姻届ってどんなデザインでもいいって知ってました?リラックマやキティちゃんのキャラクターものから素敵な世界各国の都市がバックグラウンドに印刷されているものまで。

ネット上には今時いろいろなデザインがあるので、興味のある人はググってみてください^^

 

1.2 結婚するお相手のフランス人のパスポート

パスポートで大事なのはなんといっても有効期限です。通常、来日の時に6ヶ月以上あるのが望ましいと言われています。

チャキの旦那は、日本行きのチケットを購入する時にその有効期限が近いことが判明。

すぐに領事館経由で更新の予約申請をし、わざわざロンドンのフランス大使館まで行って新しいパスポートを取ってきました。

くれぐれも確認はお早めに!

 

1.3 戸籍謄本(婚姻届を出す予定の日から数えて3ヶ月以内に発行されたもの)

戸籍上の住所と日本での居住地が同じ場合は、戸籍登録の役所で直接申請すれば楽勝です。

が、私のように居住地は横浜で、戸籍は遠縁の父親の出身地、なんてパターンもあると思います。

その場合は郵送してもらえますが、手元に届くまで1週間はかかってしまいます。

戸籍謄本は婚姻届を出す予定の日から数えて3ヶ月以内に発行されたものでないと無効になってしまうので、早すぎず、遅すぎず、準備することが大切です。

また、戸籍謄本は婚姻手続きに1部以上必要になるので、2〜3部取得しておくと良いと思います。(これは次の4つ目の婚姻要件具備証明書でも必要になる)

 

1.4 婚姻用件具備証明書(Certificat de capacité à mariage)

これは、結婚しようとしているお相手の方の独身を証明する書類です。「結婚できる条件を満たしていますよ」ということを証明する公的な文書なのです。

そしてこれが一番厄介な書類。。

この書類を取るために、お互い以下が必要になります。

▶︎日本人側(チャキ)

  • 戸籍謄本(婚姻届を出す予定の日から数えて3ヶ月以内に発行されたもの)
  • 戸籍謄本のフランス語訳
  • フランス大使館ホームページからダウンロードする質問票
  • パスポートのコピー

▶︎お相手のフランス人側(旦那)

  • 出生証明書(婚姻届を出す予定の日から数えて3ヶ月以内に発行されたもの)
  • パスポートのコピー
  • フランス国籍を証明するナショナルアイデンティティカードのコピー
  • フランス大使館ホームページからダウンロードする質問票

これもそれぞれ説明していきたいと思います。

2.婚姻用件具備証明書を取得するために必要な書類

2.1 日本人側が用意する書類

  • 戸籍謄本

こちらは前途したので省略します。

 

  • 戸籍謄本のフランス語訳

戸籍謄本をフランス語に訳したものですが、フランス大使館ホームページ自分たちで翻訳したもので大丈夫、という記述があります。

そこには丁寧に翻訳のテンプレートもダウンロードできるようになっていますので、それをただ印刷し、必要情報を記入するだけで大丈夫でした。

 

  • フランス大使館ホームページからダウンロードする質問票

これは”questionnaire”と表現されていて、上と同様にフランス大使館ホームページからダウンロードできます。初婚かどうかなどを尋ねた簡単な内容です。

 

  • パスポートのコピー

ハードコピーはカラーで数部用意しておくと、いざという時に刷り直す必要がないので便利です。

なるべく鮮度の良いスキャナーでスキャンし、その電子ファイルも大切に保存しておきましょう。

 

2.2 お相手のフランス人側が用意する書類

  • 出生証明書(婚姻届を出す予定の日から数えて3ヶ月以内に発行されたもの)

これはお相手の方が住民登録されている役所から取り寄せる必要があります。

私の旦那は向こうの役所のホームページから申請し、余分に3部ほど取得しました。英国の住所に届くまで2週間以内でした。

ただしこちらも日本の戸籍謄本のようなもの。

婚姻届を出す予定の日から数えて3ヶ月以内に発行されたものになるよう、計画的に!

 

  • パスポートのコピー

こちらも前途したので省略します。

 

  • フランス国籍を証明するナショナルアイデンティティカード

フランスでは、パスポート以外の身分証明書として免許証の他にナショナルアイデンティティカードというものが存在します。こちらも、フルカラーで数部余分に用意しておきましょう。

 

  • フランス大使館ホームページからダウンロードする質問票

こちらも先ほどと同じように”questionnaire”と表現されていて、フランス大使館ホームページからダウンロードできます。

 

リサーチを本格的にはじめ、書類を準備しだした2月上旬。

5月での結婚を目指し、以下のような段取りで進めていきました。

旦那
2月6日〜 ①必要書類についてリサーチ ①必要書類についてリサーチ
2月13日〜 ②パスポートのコピー作成 ②ナショナルアイデンティティカードのコピー作成

③パスポート更新申請

2月20日〜 ③質問票記入 ④質問票記入
2月27日〜 ④戸籍謄本取り寄せ ⑤出生証明書取り寄せ

ここで一つアドバイスなのですが、質問票を記入方法など、細かい疑問がいろいろと出てくると思います。私たちもそうでした。

そんな時はネットを駆使し、とにかくいけるところまで調べましょう。こうすると、どこまで分かっていてどこからが分からないのか、がはっきりします。

何がわかっていないのか分からない、という状況が一番まずいので。

そして、ここまででお手上げ!というところまできたら、関係する機関に直接問い合わせましょう。

私たちも質問をはっきりさせ、即フランス大使館の担当者に直接メールで問い合わせました。

フランス人だから1週間くらい返事ないんだろうな・・と思っていましたが次の日には回答が!

何通ものやり取りをしましたが、毎回わりと親身になって応じてくれました。

最終的な確認は、書類を実際に扱う機関に直接聞く!これを徹底しましょう。

また、提出する書類の種類や、手続きにかかる時間は、前置きなしに平気で変わったります。常に最新の情報を求めてくださいね。

次回は『2.準備書類は何?ー必要書類徹底解説編ー 』の後半をお伝えします。驚愕の事実を見落としていた私たちが一気に大パニックに陥ります。。

それでは今回はこの辺で〜!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です