フランス人と日本で結婚する手続き④婚姻届提出編

だいぶ終盤に近づいてきました。

今回は婚姻要件具備証明書の受け取りから、婚姻届までの流れをお話しします。

2017年1月29日 プロポースされる

2017年2月4日 実家の両親にスカイプで報告

2017年2月5日 日本行きチケット購入 ⇦ ここまでのお話はこちらの記事

2017月2月5月以降 リサーチ、必要書類準備 ⇦ ここのお話はこちらの記事

2017年3月1日 超重要項目に気づき大パニック ⇦ ここのお話はこちらの記事

2017年4月5日 チャキ単独で日本に帰省

2017年4月29日 旦那日本到着

2017年5月9日 無事?婚姻届提出 ⇦ ここまでのお話

 

前回婚姻要件具備証明書で大パニックになりながらも何とか申請を済ませた私たち。

その後4月5日に私一人で先に帰省しました。

 

旦那到着を待っている間は、結婚式の準備をひたすらしました(これは別途記事にします^^)。

 

あっという間に旦那も到着。すでに4月も終わろうとしている頃。

2人揃って改めて私の両親に報告し、婚姻届の証人欄にサイン、捺印をもらいました。

 

緊張の山場が過ぎたところで、フランス大使館に電話。

婚姻要件具備証明書の進捗を聞くと、用意ができているので予約して取りに来てね!という朗報が・・・!

 

早速5月8日に予約を入れ、2人で東京広尾にあるフランス大使館へ。

何を持っていくべきかわからなかったので、とりあえず

  • 身分証明となるものを2つ(私はパスポートと免許証、旦那はパスポートとナショナルアイデンティティカード)
  • パスポートのコピー(念のため)
  • 申請した時に提出した書類のコピー(念のため)
  • 筆記用具

を持参しました。

 

着いたらまず受付で訪問内容を伝えます。この時、身分証明書が没収されます(この身分証明書は、退館するまで返してもらえません)。

空港にあるようなセキュリティーを通り、モダンなデザインのスロープを渡って奥に大使館の建物はありました。

病院や役所によくある受付番号を取り、待つこと5分程度。

担当者が現れ、部屋に案内されます。

ここで、本人確認の為に身分証明書が再度必要になります。2つ持って行くポイントはここにあるのです。

 

いろいろ質問されたりするのかな・・・と身構えていましたが、

「じゃ、これが婚姻要件具備証明書ね。」と紙を渡される私たち。

内容が間違っていないか確認して、はい、終了。

 

この後担当者から、役所に婚姻届を提出したら、必ず婚姻届記載事項証明書をもらうように説明されます。

これは、フランス側に婚姻の事実を通知するのに必要になる大事な書類です。

担当者曰く、「この書類ください。」と言わないともらえないというのでちょっと緊張。

 

何やかんやで婚姻要件具備証明書をゲットした私たち。

次の日の5月9日、地元の役所に朝一で行ってきました。

持ち物は、

  • 婚姻届
  • 結婚するお相手のフランス人のパスポート
  • 戸籍謄本(婚姻届を出す予定の日から数えて3ヶ月以内に発行されたもの)
  • 婚姻要件具備証明書(Certificat de capacité à mariage)

に加えて、念のために旦那の出生証明書や、その他身分証明書のコピーなど、急に求められても大丈夫なように、関係書類は全部持って行きました

役所に着いたら、あらかじめ鉛筆で下書きしておいた婚姻届を窓口に持っていき、記載方法が正しいかを聞きました。

すると旦那のミドルネームもやはり書かないといけないということで書き直し。2つもあるのでスペースが足りず、大変不恰好になりました。

 

すべてを揃え、いざ提出すると、今度は旦那の出生証明書を出すように言われます。準備はしていたものの、少し動揺。

するとさらにはその出生証明書を簡単に日本語に訳してくださいという無茶ぶり

旦那に英語で説明してもらい、もはやあっているかもわからない日本語で翻訳。

冷や汗まみれになりながら、完成。

他の書類とともに最終チェックをし、ようやく受理されました。

その際担当者の方が写真をとってくれましたが、テンパり過ぎて果たして笑顔だったかは不明です。

 

最後に婚姻届記載事項証明書を発行してもらうように頼んで待つこと少々。

証明書をもらって、晴れて婚姻の手続きが完了しました。

役所に着いてから2時間が経っていました。。

 

東京などでは国際結婚もかなり多いのかもしれません。でも私の行った役所ではまだまだ少ないのか、役所の方も2人がかりで対応していました。

提出を求められる書類は自治体によって前後すると言います。

私たちのように旦那の出生証明書が必要になるケースもあるんですね。

基本的な書類は完璧にして、当日は何を聞かれても大丈夫なように、関連書類はとりあえず全部持参しましょう。

 

さて、次回は手続きの最終回。

受け取った婚姻届記載事項証明書のアポスティーユをもらいに外務省へ。

『4.準備書類は何?ーアポスティーユから大使館へ編ー』是非お楽しみに!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です