フランス人と日本で結婚する手続き⑤アポスティーユ申請、取得!

フランス人と日本で結婚する手続きを完全レポートするこのシリーズもいよいよ終盤です。

今回は、無事婚姻届を提出して受け取った婚姻届記載事項証明書のアポスティーユをもらいにいきます!

 

4.準備書類は何?ーアポスティーユから大使館へ編ー

2017年1月29日 プロポースされる

2017年2月4日 実家の両親にスカイプで報告

2017年2月5日 日本行きチケット購入 ⇦ ここまでのお話はこちらの記事

2017月2月5月以降 リサーチ、必要書類準備 ⇦ ここのお話はこちらの記事

2017年3月1日 超重要項目に気づき大パニック ⇦ ここのお話はこちらの記事

2017年4月5日 チャキ単独で日本に帰省

2017年4月29日 旦那日本到着

2017年5月9日 無事?婚姻届提出 ⇦ ここまでのお話はこちらの記事

ー 今回はこの後のお話です。-

 

5月9日婚姻届を提出した私たち。今度はフランス大使館で夫婦としての登録申請手続きを済ませなくてはなりません。

それに必要な書類は以下のとおりです(詳しくはフランス大使館ホームページ参照)。

  1. 婚姻証明の申請書
  2. アポスティーユが付いた婚姻届記載事項証明書
  3. 婚姻届の日本語訳(自分たちで翻訳したもので可)
  4. 家族手帳の届け先住所を書いたレターパック360
  5. フランス人の出生証明書(婚姻要件具備証明書が発行されてから3ヶ月以降に婚姻届を提出した場合のみ)
  6. 必要に応じてその他の書類

これ以外にも、事前に夫婦財産契約を結んだ場合にはその証明書も必要になるようです。

 

1.の申請書は、フランス大使館のホームページからファイルがダウンロードできます。

また、3.にある婚姻届の日本語訳も、同ホームページにテンプレートがありますので、こちらをダウンロードして自分たちで翻訳したもので問題ありません

 

問題は2.のアポスティーユ付き婚姻届記載事項証明書。アポスティーユは、日本の官公署、自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明のことを言います。

 

申請方法は外務省の関連ページをご参照いただけると良いのですが、以下のいずれかのパターンで行います。

  1. 窓口で申請して、後日、窓口で受け取る(申請日の翌日(土日祝を除く)午前9時から受け取れます)。
  2. 窓口で申請して、後日、郵便で受け取る(申請日の約2~3日後(土日祝を除く)に受け取れます)。
  3. 郵便で申請して、後日、郵便で受け取る(申請(発送)から受領までは約10日~2週間です)。

私たちは最短方法でいくために窓口で申請し、窓口で受け取りました。

 

窓口での申請に必要な書類は以下のとおりです。

  • 婚姻届記載事項証明書(発行日より3か月以内の原本)
  • 申請書(ダウンロード可能。窓口には備え付けもある。)
  • 身分証明書(運転免許証、住基カード、パスポート、在留カードのいずれか一つ。)

代理人の方による申請には委任状が必要です。

また、受け取りに郵送を希望する場合は、返送先を記入した封筒やレターパックなども必要になります。

 

5月9日、婚姻届を朝一番で提出しに行き、受理されたのが11時近く。お昼ごはんを食べて、その日のうちに午後一番で外務省に行きました。

午後の受付開始の13:30には到着していましたが、すでに私たちの前には数人の人たちが待っていました。受付番号を取り、待つこと10分程度。

書類と申請書を提出し、代わりに受け取り表をもらいます。これは書類の受け取りに必要なので大事に保管しましょう。

 

5月10日、朝一番で外務省を再訪(身分証をお忘れなく!)。受け取り表を渡し、無事アポスティーユ取得

 

さて、外務省を出たのが10時過ぎ。今度はその足でフランス大使館へと向かいます。

前回と同じように番号札を受け取って待つこと15分程度。担当者に必要書類を提出し、内容確認をしてもらいます。

私たちで何度もチェックしていたからか、担当者の方はざっと目を通しただけで、

「はい、おっけーです。」

構えていた私たちは、そのあっけなさに驚きながらも、この瞬間に結婚の手続きがすべて終了しました。

 

この後、2ヶ月後くらいに家族手帳というのが届きます。私は、国際便で紛失しても困るので、実家の住所を指定しました。

 

実は、現時点(2017年6月17日)ではまだこの家族手帳を待っている状況です。

旦那との名前が記載された大事な手帳。早く来ないかな~っと待ち遠しい毎日!

ここまでの道のりは長かったですが、旦那と毎日話し合い、協力して成し遂げたので、信頼関係がぐっと深まったと感じています。

 

次の最終回では、この半年あまりの結婚の手続きで感じたことや、こうしておけば良かった、と思ったことをシリーズの『まとめ』としてお伝えします。

これから手続きに挑む方には、良きアドバイスとして参考にしていただけると幸いです

それではまた!