ラフターヨガとは?科学的に証明された効果はストレス解消、健康、ダイエットにも◎!

ストレスが多い毎日・・・

気がついたらため息が出ている・・・

気づかれや疲労感からすっきりしない日々を送るあなた、最後に思いっきり笑ったのはいつですか?

実は笑いと健康との関係については研究が進んでいて、笑いがもたらす良い影響は科学的に証明されています。

その笑いの持つ効果を取り入れた面白い健康法としてラフターヨガと呼ばれるものがあるのですが、ご存知でしたか?

手軽さに似合わないその効果の大きさはテレビでも取り上げられ、話題になりました。

今回は、今全国で増え続けているそのラフターヨガとはなんぞや?というところからその効果や参加の仕方などをご紹介します!

皆さんも毎日の生活にできるだけ笑いを取り入れてストレスや病気に負けない体づくりを目指してください!

 

1.ラフターヨガとは?

ヨガブームも浸透して、クラスに通う方も多くなってきたと聞きますがラフターヨガとは一体どのようなヨガなのでしょうか。

ラフターは「笑い」を英語ですから、単純に言えば「笑いヨガ」となります。

日本語ではこのように「笑いヨガ」と紹介されることも多いのですが、ラフターヨガは簡単に言うと笑いとヨガの基礎である呼吸法を組み合わせた健康法です。

単純な笑いを用いることで老若男女問わず誰でも実践できて、心と体両方へパワーをもたらしてくれる画期的な方法なんです。

やり方はいたって簡単。いろいろな手法で笑いを引き出し、深い呼吸の練習ととにかく笑うだけ!!!

ラフターヨガには下のような4つの基本的な要素があります。

①「ラフターエクササイズ」で笑いを引き出す

②「ラフターエクササイズ」後に手拍子と大きな掛け声で発声

③お腹を空にする深呼吸

④子どもに戻ったように心を解放する

 

このような要素を一連のヨガの中では取り入れて実践していきます。

 

2.ラフターヨガの起源

ラフターヨガの歴史は比較的浅く、1995年にインドのDr.マダン・カタリアという方の発案で始まりました。

開業医だったDr.マダン・カタリアは、現代生活にはびこるストレスに対処するにはできるだけ笑いを取り入れることが必要であると結論付けました。

そして、実際診ていた患者さんや周りの人たちにどのように笑いを勧められるか考えてたどり着いた方法がラフターヨガだったのです。

当時は近所の公園でたった5人という規模で始まったラフターヨガでしたが、次第に注目を集め、現在では世界70か国以上で行われています。

日本で最初にラフターヨガがもたらされたのは2006年。田所メアリーさんという講師が東京ラフタークラブで紹介し、広がり始めました。

田所さんはラフターヨガの創始者であるDr.マダン・カタリアさんのもとで講師の資格認定を受けた後には吉祥寺ラフタークラブも立ち上げています。

Dr.マダン・カタリアさんも実は2008年に来日していて、日本各地で講座をしてからは講師の数は増え続け今では1万人程度のラフターヨガ講師と500箇所以上のラフタークラブがあると言われています。

 

3.ラフターヨガの効果

まだまだ一般には知名度が低いラフターヨガですが、その様々な効果は科学的に証明されています。

効果1:ストレスを軽減させる

私は、普段笑うと体の中ではエンドルフィンという物質が分泌されます。

このエンドルフィンにはストレス軽減などに効く効果がたくさんあることで知られている脳内物質です。

<エンドルフィンの作用>

①鎮痛・鎮静効果

自然の鎮痛剤とも呼ばれていて、身体的な痛みがあってもその感覚を抑える効果があります。

②苦痛を和らげる効果

身体的もしくは精神的に追い込まれている状況であっても、その苦痛を感じにくくする効果があり、ポジティブな状態へと心の均衡を保ってくれます。

③安心感を高める効果

不安要素が軽減されて睡眠障害が軽減されたりします。

 

このような効果をもたらすエンドルフィンが笑いによって活発に分泌されるのですから、笑うことは健康に良いというのはこうした科学的根拠があったのですね。

効果2:免疫力を高める

エンドルフィンという物質は1982年に免疫力をアップさせる効果があることも確認されています。

また、自然免疫の主要因子と言われているナチュラルキラー細胞(NK細胞)の数が増えるので、腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に大きな効果があります。

効果3:脳の活性化

体に必要な酸素が多く吸収されると、脳にも必要な酸素が多く届けられるために脳が活性化すします。

この時、酸素と一緒に栄養素も十分に行き届くようになるので頭がすっきりし、学習能力を向上させます

効果4:コミュニケーションが活発になる

笑うという感情表現を共有することで、人との距離を縮めコミュニケーションを活発化させます。

会議などで煮づまってしまう時の解消法や発言の向上、生産性の向上に期待ができます。

効果5:ダイエット効果

私たちは呼吸しているだけでカロリーを消費し続けていますが、それは有酸素運動などで心拍数をあげる時などはより多く消費されます。

笑うことも酸素を取り入れて腹筋の力を使うなどするので、20秒大きく笑うことは3分ボートを力強く漕ぐのに相当するカロリーを消費するとも言われています。

このようにいいことだらけのようなラフターヨガですが、2015年にはテレビ東京の『主治医が見つかる診療所』で冬の感染症予防!免疫力アップスペシャルと題した放送に取り上げられました⬇︎

こちらにも説明がありますが、笑うことの良い点はそれがたとえ作り笑いでも良いということです。

作り笑いであったとしても自然に笑った時にもたらさせる効果と同じ効果が体には起こるんです。

ある意味で脳を騙している感覚ですが、どんな形でも笑うことで確実に健康に近づけるんですね。

 

4.ラフターヨガに参加するには?

そんな効果があるなら早速参加してみたい!と思ったあなた、お近くにラフタークラブがないかまずは検索してみましょう。

ラフターヨガのコミュニティをつなぎ、全国への普及を応援しているラフターヨガジャパンというNPOのウェブサイトでは全国にあるラフタークラブを簡単に検索できます。

都道府県以外にも曜日などを限定して検索することができるので、希望にあったクラブが見つかりやすいです

また、会社や組織などでラフターヨガを取り入れてみたいという方は認定講師を検索することも可能です。

こちらも都道府県別や講師のレベル別に検索できるので直接問い合わせをする際には大変便利です。

ラフターヨガの講師はいろいろな場所に出前出張することも多く、個人でやっていますのでフレキシブルに対応してくださる方がほとんどです。

また、公民館や地方自治体と一緒になって講座を開いている方が多いので受講料もワンコインが多く、気軽に挑戦することができますよ!

 

5.ラフターヨガ講師になるには?

ラフターヨガにはまったり、講師になりたいという興味が出てきた場合はリーダーやティーチャーになる講座を受けてみてはいかがでしょうか。

嬉しいことに、ラフターヨガのリーダー、ティーチャーになるのに、特別な資格は必要とされていません。

関心さえあれば誰でも2日間〜5日間のトレーニングコースを受けることでラフターヨガについて学ぶことができます。

トレーニングでは主に以下のようなことを学びます。

  • ラフターヨガ(笑いヨガ)の歴史
  • 笑いの効果
  • 講座開設に必要な知識やリーダーシップスキル
  • 参加者の緊張やストレスを和らげるテクニック
  • 面白くなくても笑うコツ
  • ラフタークラブ運営ノウハウ
  • 企業、医療機関、高齢者施設、学校など様々な場所で行うときのコツ

先ほど紹介したラフターヨガジャパンではこういった養成講座の検索も行えるようになっています。

 

6.まとめ

ラフターヨガはインドで生まれた科学に基づいた健康法で、誰でも簡単にすることができます。

笑いと酸素を大きく取り込むヨガの呼吸法にはそれぞれ体や脳に良い影響を与える効果が認められています。

具体的な効果としてはストレス解消、脳の活性化、免疫力の向上などです。

ラフターヨガの良いところは作り笑いであっても反応するという笑いの性質を使って、運動として笑いを取り込むことで健康的な体作りを目指すことができます。

認知度はまだ低いかもしれませんが、医療関係施設や介護の場では多くのところが導入していて全国のラフターヨガクラブも今では500〜600という数になってきました。

誰でも気軽に始められるラフターヨガ、健康のために始めてみてはいかがでしょうか。