帰国準備中の留学生必見!おすすめの別送品サービスを4社ご紹介します!

留学を終えて日本に帰国準備中のみなさん。

スーツケースに入りきらない荷物をどうしようかと悩んでいませんか?

家族がいる場合の大きな引っ越しに比べて荷物が少ないので引っ越し屋さんにいちいち頼むのは面倒ですよね。

そんな時は低コストで送れる別送品のサービスを活用するのがおすすめです。

今回は、帰国手続きを始めたみなさんに別送品サービスのご紹介と、別送品サービスがあるイギリスの日系企業をご紹介したいと思います!

私が実際見積もりをお願いし、信頼できると思った4社を各会社の特徴と一緒にをまとめてみました。

これから帰国を控えているみなさんの参考になれば幸いです。

1.別送品とは?

別送品とは、引っ越し荷物や旅先での身の回りの荷物を渡航先から船便や航空便で送るものを指します。

別送品として送るには本人の帰国後6ヶ月以内に通関できるものに限られますが、留学から帰る帰国者にとってはありがたいサービスです。

ダンボール1箱から多いところで10箱やそれ以上送ることができます。

別送品を送る方法としては航空便と船便の2種類があります。

基本的に航空便は荷物が少なめで比較的急いで荷物を受け取りたい方におすすめで、船便は荷物がそれなりにあるが時間がかかってもいい方におすすめです。

イギリスでは現地のものも含めていろいろな会社がこのサービスを提供していますが、個人的には日本の会社をおすすめしています。

問い合わせから帰国後の手続きもスムーズですし、何より大事な荷物をなくされない安心感があります。

今回私もイギリスから帰国するにあたり、別送品として3箱日本に送ることにしました。

以下の4社は、リサーチ結果別送品サービスのおすすめ企業です。

 

2.①コヤナギワールド

イギリスで生まれた最も古い日系輸送会社です。

1976年の創業当初から「日本人スタッフがすべての作業を行う」というサービスを展開しています。

現在はイギリスだけでなくドイツ、オランダ、ベルギー、フランスに支店を開設。

経験豊富な日本人スタッフが丁寧に問い合わせに答えてくれるのでこれは心強いですね。

(コヤナギワールドのウェブサイトはこちら

【エコノミーパック】

ヨーロッパにもサービスを拡大しているコヤナギワールドですが、別送品についてはイギリスのみのサービスになっています。

ロンドン(M25内)にお住まいの方の場合にはお荷物の大きさや重さ、住んでいる家の種類にかかわらずあなたのドアの前まで集荷にきてくれます。

エコノミーパックのプランは

  1. 航空便
  2. 船便
  3. ゆうゆう船便

の3つのプランがあり、設定は以下の通りです。

プラン 重量 サイズ
格安航空便 20kg 3辺の合計が150cm
格安船便 25kg 3辺の合計が150cm
ゆうゆう船便 指定なし 指定なし

コヤナギワールドでは航空便の場合は3箱〜、船便の場合は6箱〜のみでの配達しか受けるけていませんのでご注意ください。

ゆうゆう船便は料金に梱包材料が含まれているプランで、どんなサイズの箱でも引き受けてくれます。

結構な量があってもなるべくコストを抑えたい方におすすめです。

所要日数

航空便:入国から1週間〜10日前後

船便:入国から3ヶ月程度

ゆうゆう船便:入国から3ヶ月程度

見積もり例:3箱の場合

私の場合、20キロ以下のダンボールを3箱送った場合の料金照会を頼みました。

この場合だと船便よりも航空便の方が安いらしく、650ポンドという見積もりをもらいました。

利点と欠点

利点

  • 3つのプランから自分に合ったものが選べる。
  • ゆうゆう船便には料金に梱包材料が含まれている。

欠点

  • 料金については問い合わせてからでないとはっきりしない。
  • ロンドン以外は2階以上に住んでいてもフロア入り口からの集荷になる。

 

3.②日本通運

こちらは日本人なら誰でも知る運輸のプロですが、全世界42カ国、257都市に拠点を持つことはご存知でしたでしょうか。

イギリスの日本通運は1950年以来、海外引越し業界のパイオニアとして集荷から日本での配達まで、他社に委託せず、日通グループ内で行っています。

(日本通運のウェブサイトはこちら

【スモールパッケージサービス】

航空便のジェットパックと船便のエコノパックの2つがあります。

ただしこちらは残念ながらどちらもM25圏内ロンドン近郊のみのサービスとなっています。

(スコットランド在住の私には痛い事実です・・・)

以下の地域の方の場合、サービス内容が異なるので直接お問い合わせが必要だそうです。

●イーストミッドランド ●マンチェスター ●ニューキャッスル ●グラスゴー

 

ジェットパック(航空便)

1箱から受け付けているのでお荷物の少ない方には便利でお得なパックです。

ダンボールの料金は含まれていませんが、別途購入が可能です。

重量によって値段が変わるので、重たいものや大きな荷物の場合は価格が上がってしまいます。

例として1〜20キロまでの価格設定は以下の通りです。

Kgs £
1 59
2 61
3 63
4 65
5 67
6 69
7 71
8 73
9 75
10 77
11 79
12 81
13 83
14 85
15 87
16 88
17 89
18 90
19 91
20 92

他者と違うのは1箱の最大容積です。

通常だと20〜25キロで3辺(縦・横・高さ)の合計が150cm以内が普通ですが、日本通運の場合は以下の通りです。

1箱の最大重量:32kgs

1箱の最大容積:3辺(縦・横・高さ)の合計が200cm以内

ただし、個数に関係なく、1件につき100キロまでとなっています。

 

エコノパック(船便)

ある程度荷物がある方はエコノパックの方が安くなるかもしれません。

5箱までは一律で300ポンドという料金設定になっています。

£
1〜5 300
6 355
7 410
8 465
9 520
10 575

こちらもダンボールの料金は含まれていませんが、別途購入が可能です。

ただし船便の場合は航空便と比べて送れる最大容量が違うので注意が必要です。

1箱の最大重量:25kgs

1箱の最大容積:3辺(縦・横・高さ)の合計が150cm以内

所要日数

航空便:日本入国後7〜10日

船便:約70日

見積もり例:3箱の場合

私の場合は1箱最大20キロとした場合、航空便は1箱92ポンドなので合計276ポンド。

船便だと5箱まで一律の300ポンドの見積もりとなります。

利点と欠点

利点

  • 航空便の最大容量が他社と比べて大きい。
  • 航空便は重要で値段が変わるので少ない荷物の方はお得。
  • ダンボールも合わせて購入できる。

欠点

  • ロンドン近郊のみのサービス。

 

4.③欧州ヤマト運輸

こちらも有名なヤマトの宅急便やさんです。

欧州ヤマト運輸という形でイギリスを含めたヨーロッパの6カ国で展開しています。

大きな引っ越しから別送品の配達まで、運輸のプロが丁寧に対応してくれるのが魅力です。

ダンボールについてはロンドンのユーストン国際宅急便センターの販売となるので、近郊にいない方は個人でダンボールを購入した方が良いでしょう。

こちらも他社と同様、航空便と船便の2つのプランがあります。

ロンドンだけのサービスでないのもロンドン以外のイギリスに住む方には嬉しいサービスです。

そして欧州ヤマトの魅力は他にはない以下のような割引サービスがあることです。

その1:お持ち込み割引

ロンドンにあるユーストン国際宅急便センターへ直接持ち込みが可能な場合は1箱につき5ポンドずつ割り引かれます。

その2:学生・ワーホリ割引

航空便2箱以上送る学生及びワーキングホリデーの方には、学生の身分が提示できれば基本運賃から10ポンドの割引となります。

 

また、支払いも集荷の時にするか日本での着払いにするか選べるので、出発前にまとまったお金がない場合でも安心です。

最大容積は航空便・船便ともに以下の通りです。

1箱の最大重量:25kgs

1箱の最大容積:3辺(縦・横・高さ)の合計が160cm以内

 

(欧州ヤマト運輸のウェブサイトはこちら

航空便プラン

1箱から送れるので、荷物が少ない方におすすめです。

料金は箱の数とエリアによって異なります。

基本料金(通貨:ポンド)

箱数

(25kg/箱)

London, Middlessex Area 1 Area 2 Area 3
1 120 140 145 150
2 195 235 245 265
3 285 325 335 355
4 375 425 435 455
5 465 515 525 545
6 555 615 625 645
7 7箱以上は6箱の送料+£90/箱 7箱以上は6箱の送料+£100/箱

エリア詳細は以下をご参照ください。

船便プラン

こちらは4箱からの適用ですので、荷物が多く、特に急がない場合だとおすすめです。

基本料金(通貨:ポンド)

箱数(25kg/箱) London, Middlessex Area 1 Area 2 Area 3
4 300 360 450 470
5 330 390 510 530
6 360 420 660 690

見積もり例:3箱の場合

私の場合ですと、1箱20キロ以内3箱の計算でArea3なので355ポンド。

ここから学生ビザの割引で345ポンドという見積もりになりました。

利点と欠点

利点

  • ほぼイギリス全土で利用可能。
  • 割引サービスあり。
  • 支払いの自由がきく。

欠点

  • ロンドン以外は2階以上に住んでいてもフロア入り口からの集荷になる。
  • 船便は4箱〜しか利用できない。

 

5.④桑原運輸

最後にご紹介するのが桑原運輸です。

あまり名は知られていないかもしれませんが、1983年創業ということで30年以上の経験があるんですね。

主に引越と美術品輸送のスペシャリストとして発展してきたので、慎重な取り扱いや丁寧な梱包に長けています。

こちらも学生向けに別送品の『うさぎパック』というサービスを提供しています。

  1. 航空便
  2. 船便
  3. 航空・船併用便

の3つがあり、自分に合ったプランを選べることができます。

また、タンボール箱とガムテープの梱包資材も料金に含まれているので面倒な手間がかからないのが良いところ。

最大容積はすべてのプランにおいて以下の通りです。

1箱の最大重量:20kgs

1箱の最大容積:3辺(縦・横・高さ)の合計が150cm以内

 

(桑原運輸のウェブサイトはこちら

航空便

航空便は他社と同様、1箱から送ることができます。

料金設定は以下の通りです。

箱数 1 2 3 4 5 6
値段 £320 £435 £505 £575 £640 £700
箱数 7 8 9 10 11 12
値段 £760 £810 £860 £910 £950 £990

 

船便

船便に関しては8箱まで一律料金ですので、大きなまとまった荷物を送りたい方はかなりお得な設定です。

容積 (M3) 1 2 3 4
箱数 1~8 9~16 17~24 25~32
£ 550 720 850 950


航空便&船便併用

併用便の場合は1箱から送ることができ、料金も格安となっています。

箱数 1 2 3 4 5 6
値段 £250 £315 £385 £455 £520 £570
箱数 7 8 9 10 11 12
値段 £630 £680 £730 £780 £810 £850

ただし、桑原運輸では日本の住所によっては以下のように追加料金がかかります。

エリア 追加料金
エリア 1 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、山梨県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県、大阪府、兵庫県、岡山県、香川県、徳島県 £0/box
エリア 2 青森県、岩手県、秋田県、福島県、宮城県、山形県、新潟県、富山県、石川県、福井県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県 £5/box
エリア 3 北海道、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 £10/box

所要日数

船 便:2~3ヵ月

航空便:1~2週間

見積もり例:3箱の場合

私の場合、3箱なので船便だと550ポンド。

航空便では3箱505ポンド。

船便と航空便を併用すると3箱で385ポンドとなる見積もりでした。

利点と欠点

利点

  • 3種類から自分に合ったプランを選べる。
  • タンボール箱とガムテープの梱包資材も料金に含まれている。

欠点

  • 1箱あたりの単価が高め。
  • 日本の住所によっては追加料金がかかる。

6.別送品の注意点

便利な別送品のサービスですが、以下のような点を知っておいた方が良いでしょう。

  • 多くの場合集荷は平日のみで時間指定ができない。
  • どのプランも保険費用は含まれていないので別途保険料がかかる。
  • 集荷場所がM25圏外の場合や3階(日本の4階)以上の部屋でエレベーターが無い場所などは追加料金が発生する。
  • 入国後に通関手続きが行われるので入国前の配達は出来ない
  • 入国後に必ず別送品申告手続きを行う必要がある。
  • ダンボールの中には危険物や食品類など送れない物があるので、各会社ウェブサイトでチェックする

7.まとめ

荷物が限られている留学生には大掛かりな引っ越しの手続きではなく別送品として荷物を送るのがベストな方法です。

航空便と船便の2種類がありますが、届く日数に大きな差が出るため自分の都合に合ったルートを選びましょう。

また、イギリス現地の会社よりも今回ご紹介したような信頼のできる日本の会社で検討することを強くおすすめします。

それぞれの会社が様々なプランを提供していますので、料金や重量、お住まいの地域などを考慮して自分にとって一番良い物を選ぶようにしましょう。

最後に、別送品とは言え引っ越しサービスの一部ですのでくれぐれも問い合わせは早めに行うようにしてくださいね。