7つの超人気オンライン英会話、全部試して徹底比較!あなたにおすすめなオンライン英会話はどれ?

英会話教室に通いたいけど時間がない・・・

時間はあるけどお金がかかるから・・・

英会話力をあげたいと思っている方はたくさんいる中で、こうした悩みを抱えて一歩踏み出せないでいる方がほとんどではないでしょうか。

そんな方にはネット環境と端末さえあればいつでもどこでも英会話が学べるオンラインの英会話がおすすめです。

昔はスカイプのような音声・動画通信サービスを使って講師の方と話すだけ、というイメージが強かったオンライン英会話ですが、今はその中身やプログラムも豊富に用意されています。

しかし、オンライン英会話を提供する会社が増えてきたためにどこを選べば良いのか、どれが自分に合っているかわからないという声がよく聞かれます。

そこで!

7つの人気オンライン英会話を全て試した私がそれぞれの特徴を徹底的に比較レポートします。

オンライン英会話には興味があるけれど、どこから始めたらいいのかわからないという方は是非参考にしてみてください^^

まずは7社の特徴をまとめた比較から。もっと知りたい!と気になるところについては下に会社ごとの詳細を書いていますのでそちらを合わせてチェックしてください。

英会話会社 価格 特徴 講師出身国
エイゴックス
1レッスン=約1000円

ポイント購入制

初心者向き

気軽に始めたい人向き

ネイティブ

日本人

フィリピン

vipabc 月額18225円〜 本気で英会話力を伸ばしたい人向き

教室に通うような投資ができる人向き

ネイティブ

(ほとんど)

EF 月額6900円 英会話と一緒に英語力全般を伸ばしたい人向き ネイティブ
レアジョブ
月額4200円〜 授業のための準備などをする時間がない人向き フィリピン
Hanaso
月額3800円〜 とにかく楽しんでやりたい人向き

色んなコースを試したい人向き

フィリピン
NativeCamp
月額4950円 とにもかくにも話して話して話しまくりたい人向き フィリピン
ELTO
月額7000円 医療、ホスピタリティ、会計英語を探している人向き フィリピン

 

1.初心者で気軽に始めたいならエイゴックス

まずはエイゴックスから。

日本にいながら英会話の習得を真剣に目指す人のために考えられたサービスです。

ネイティブ講師、日本人のバイリンガル講師、フィリピン人講師の3つの講師の中から選んで授業を受けることができます。

登録をするとそこからすぐに予約を入れることができます。

予約システムは自分の空いているスケジュールと時間帯を選択し、受講可能な講師の中から1人選んで予約をするというシンプルなものです。

オンライン英会話初心者でも非常に使いやすいウェブサイトになっています。

でも初めてではどの講師が良いかもわかりませんよね。

そこで評価の基準になるのが先生の評価というところです。受講した全国のユーザーからの評価が一目でわかり、コメントも寄せられています。

ここを読んで講師陣を比べておくとだいたいのイメージがつかめると思います。

コースは①フリートーク、②テキストを使ったレッスン、③インターネットの無料教材を使ったレッスン、④その他プレゼンなどの準備など自由に設定できるレッスンと4つ用意されています。

自分に合ったレッスンを自分の好きなように設定できるので、目的が具体的にある人にはとても融通が効くシステムです。

価格設定

エイゴックスではポイント制を使っているので、ポイントを購入してレッスンを予約するというシステムです。

ポイントはそれぞれ、

ネイティブ講師・日本人バイリンガル講師・・・1レッスン(25分) = 100ポイント

フィリピン人講師・・・1レッスン(25分) = 20ポイント

となり、フィリピン人講師にした場合はネイティブや日本人講師のレッスンの5分の1で受けることができます。

毎月決まったポイントを購入するポイント定期購入プランとその時その時で購入するポイント都度購入プランの2つがあります。

だいたい100ポイント購入するのに1000円かかり、購入するポイント数が多いほど割引率が上がっていく仕組みです。

エイゴックスのメリット

  • 予約システムが初心者でも分かりやすい
  • ネイティブ講師の数もしっかり確保されている

エイゴックスのデメリット

  • 1レッスン25分は業界でもかなり短め
  • ネイティブとの1レッスンが350円で受けられるという謳い文句は月額39200円のコースに申し込んだ場合のみ

無料体験の感想

簡単な自己紹介から始まり、私がオンライン英会話で期待することや伸ばしたいことなど細かくメモを取ってくれていました。

そこから「あなたにはこんなレッスン構成がおすすめだと思います」という感じで今後受ける場合の具体的な進め方も示してもらえました。

初めてということで緊張しましたが、相手は5年以上エイゴックスで勤めているため生徒にも慣れている感じがして良かったです。

私は中上級者向けのフリートークを選択しましたが、エイゴックスは独自の教材をレベル別に用意しているのでテキストに沿ってしっかりやっていきたい人にもおすすめだそうです。

時間も遅れることなく始まり、終わりは少しオーバーしましたがフリートークが楽しくて25分はあっという間に過ぎました。

>>>エイゴックス公式ウェブサイトからの無料体験申し込みはこちら

2.何が何でも英語のレベルを上げたいならVipabc

まだ知名度はそんなに高くないかもしれませんが、Vipabcは業界最多の15000人以上という講師が在籍しているオンライン英会話サービスです。

こちらは自分の好きなプランを選んで自分のペースでやるサービスとは対照的に、独自に生み出したメソッドによって何が何でも上達させるようなプログラムを組んでいきます。

講師も英米系のネイティブがほとんどのため、発音などをしっかり身につけたい場合にはおすすめです。

レッスンは自分で選ぶというより、①語学力、②趣味、関心、③業界、④職種、⑤強化ポイントの5つの点から自分に合った最適なプランと講師をマッチングしてくれます。

Vipabcのメリット

  • オンラインでも英会話教室に通っているようなしっかりとした上達プランを用意してくれる
  • 目標設定するためのカウンセリングがかなりしっかりしている
  • スカイプインストールする必要なし

Vipabcのデメリット

  • しつこい勧誘がある
  • オンライン英会話としては価格設定が高め

無料体験の感想

まずびっくりしたのが、私からは講師の顔が見えるのに相手の講師には私の顔が見えないようになっているというところ。

緊張して話せない・・・という人にはとても良い配慮だと思います。

ただし無料体験と言っても45分のうちの30分はVipabcというサービスの説明が日本人スタッフからなされます。

授業自体は15分程度で、感覚としては短く残念でしたが、英語指導資格を持っている講師のため進め方や段取りに安定感が感じられました。

独自のオンラインシステムを使うのでスカイプを立ち上げる必要がなく、講師が実際に書いた文字を同時に共有できるので「オンラインで英語を話す」というより「英会話教室にオンラインで通っている」と言った感覚に非常に近い内容・構成・クオリティになっていました。

そのあとはまた日本人スタッフに戻り、私の興味や目的、レベルに合わせた最適なプランを一緒に考えてくれましたが、その場で即決を求められるような形になり少々戸惑ったのも正直な感想です。

そしてデメリットにも書きましたが、その後テキストや電話で勧誘が結構しつこく続きます。じっくり悩んで決めたい場合や、ここでやる気持ちがない場合はしっかりとその意思を伝えましょう。

とはいえ教室に通う時間はないけどオンラインでも本気で英語を上達したい人は一度試してみる価値がありますよ。

>>>Vipabc公式ウェブサイトからの無料体験レッスン申し込みはこちら

3.話すだけじゃなく英語をしっかり勉強したいならEF

次はEFをご紹介します。

こちらもVipabcのように自分に合ったレベルと学習ペースを選択してそのプランに沿って学習を進めていくスタイルの英会話サービスです。

他者のサービスと違うのは、実際のレッスン以外の自主学習の教材が充実していて「ネット英語塾」と「オンライン英会話」が一つになったようなプログラムが組まれている点です。

自主学習では毎回のテーマに沿った動画を繰り返し見ながら、クイズなどを通して単語や意味の学習をした後でグループレッスンや個別レッスンへと進んでいきます。

グループレッスンは予約なしで空いている時間にいつでも入室可能なので個別レッスンだけではないというのも嬉しいところです。

EFのメリット

  • 学習の動機などを入力することで最適なレベルと学習ペースが選べる
  • 自分のやりたいテーマを持ち込んでレッスンも可能
  • スカイプインストールする必要なし

EFのデメリット

  • 自主学習の時間がなかなか取れない人には不向き
  • とにかく個別レッスンで会話力を重点的につけたい人には不向き

無料体験の感想

まず自己紹介をした後に、簡単にEFについての説明を受けます。

ここでは選んだテーマを少しやったのですが、私の話が脱線したのをきっかけに「あなたのやりたいことなら何でもOKなのでフリートークに変更する?」と柔軟に対応してくれました。

ある程度決められた学習プランはあるものの、個人レッスンの中身をどのように進めていきたいかや、やりたいテーマはフレキシブルにできるということでした。

教材もシンプルでも内容がよく、実際外国人と話すようなトピックなどが出てくるのでかなり実践的だと思いました。

よくあるオンライン英会話では30分くらいが基本ですが、EFは40分なので適度な長さとも感じました。

レッスン後には評価が届き、先生からのコメントもあるのでやる気の継続になると思います。

>>>EF公式ウェブサイトからの無料体験申し込みはこちら

4.準備いらずで淡々とこなしたいならレアジョブ

次に紹介するのはレアジョブというオンライン英会話サービスです。

日常英会話からビジネス英会話、中高生向けの英会話という3つのプランの中からまずは選ぶことができます。

独自の教材を使って進めていくので、25分という中でも効率よい段取りで目一杯学習することができます。

また、1レッスン毎に達成すべき目標があり、25分終わるとその目標を達成しているような構成になっています。

講師は全員フィリピン人ですが、正社員として選び抜かれた資格を持った講師ですので発音はもちろんの事、教えるということのプロなので安心して取り組むことができます。

予約も非常に取りやすく、スキマ時間を使ってレッスンを組むことも可能です。

当日の30分前までキャンセルが可能なので、忙しく予定が見えにくい人でも使いやすいサービスと言えます。

レアジョブのメリット

  • 予約が取りやすいのにキャンセルもしやすい
  • 1レッスンの進め方や内容が決められているので、25分間でも効率よく学習ができる
  • 日本人の専門スタッフとのカウンセリングで目標の達成度をしっかりフォローできる

レアジョブのデメリット

  • フィリピン人講師なのでネイティブ希望の人には不向き
  • フリートークをメインに英会話力をつけたい人には不向き

無料体験の感想

最初の無料体験ではまずレベルチェックが入るので簡単な自己紹介や質問などを通して講師の方がレベルを見てくれます。

全体を通してレアジョブが用意した教材に沿って段取りよくトントンと進んでいくので、こちらは何も考えずに英語学習に集中することができました。

問題に答えるたびにフィードバックをくれるので、今の自分の答えがどうだったかなどをその場で受け止めて次に生かすことができます。

少し考える間ができても優しく励ましてくれたり褒めたりしてくれるので、初心者で不安が多い方などでも安心して試せると思います。

レッスンの後にはすぐにレッスンレポートが講師の方から届き、25分間の振り返りとこれからに向けてのフィードバックが届きます。

レッスンが終わってから間をあけずに届くのでやる気とモチベーションにつながります。

試してみたいという方は、無料体験も2回分行っているので自分に合っているか見極めるのに最適ですよ!今なら創業10年を記念した大感謝祭キャンペーンでお得な特典が盛りだくさんです。

>>>レアジョブ公式ウェブサイトからの無料体験申し込みはこちら

5.楽しさ重視で様々なコースをやりたいならHanaso

Hanasoというオンライン英会話サービスは楽しく英会話を学ぶということをモットーに初心者に優しい工夫がされています。

無料体験の申し込みの方法もわかりやすく説明されているので、どこから初めていいか迷う必要もありません。

Hanasoの一番の魅力はその学習コースの多さ!

ざっとあげるだけでも以下のようなコースから自分の興味のあるものを選ぶことができます。

  • 英会話フレーズ(関正生 監修)
  • 旅行英会話(関正生 監修)
  • 発音トレーニング(関正生 監修
  • 初級者用基本英文法
  • SIDE by SIDE(英文法、ボキャブラリー、リーディング、発音など英語の基本を総合的に学ぶことができるhanaso推奨の市販教材)
  • トピックトーク
  • News in Levels(News in Levelsは、世界の様々なニュースを通して、単語、リーディング、リスニングを初級・中級・上級の3つのレベルに別けて総合的に学べるhanaso推奨のWebサイト)
  • Webサイトを使った英会話レッスン
  • フリートーク
  • TOEIC ボキャブラリ(関正生 監修)
  • Taking the TOEIC
  • One:one(one:oneはビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができるhanaso推奨の市販教材です)

毎回のレッスンで希望するものは変えることができますし、どれを選んでいいかわからなくても初回の無料体験で講師の人があなたにおすすめなものをピックアップしてくれるので心強いです。

Hanasoのメリット

  • 初心者でも使いやすいウェブサイト、プログラム構成
  • 多種多様なコースから自分の好きなものをいくらでもチョイスできる

Hanasoのデメリット

  • フィリピン人講師のため、ネイティブが希望の人には不向き
  • コースが多いので最初のうちは何から初めていいか分からずに混乱してしまう可能性がある

無料体験の感想

今までやった中で一番リラックスした感じで始まって、堅苦しい感じもないので英会話レッスンというより友達感覚で講師の方に接することができました。

それでもイントロダクションなどはしっかりしていて、講師の方が先導してくれるのでまずは質問などに答えていく感じで進んでいきます。

楽しく英会話を学ぶというモットーだけあって、一生懸命勉強するというより英語を使って楽しく会話をしましょう、という感じでした。

要所要所で質問がないか、消化不良なところが聞いてくれるので「今のところ質問したかった・・・」と逃したところでもそのままにすることがありませんでした。

無料体験の最後には私に合っていると講師が判断したコースを紹介してくれます。

全体的に楽しく話しながら新しい単語を覚えて、気づいたら25分経っていた、という感じです。

>>>Hanaso公式ウェブサイトからの無料体験申し込みはこちら

5.英語をとにかく話しまくりたいならNativeCamp

次にご紹介するNativeCampはテレビなどでも紹介されたことがあるオンライン英会話サービスです。

話題になっている理由は24時間無制限でレッスンが行えるというところです。月額5000円を切って回数無制限でレッスンができるのは他を探しても確かにここしかありません。

自分の好きな時間に自由にレッスンができる手軽さは忙しい現代人の強い味方と言えるでしょう。

NativeCampは専用のアプリがあるのでそのアプリを使うと友達にテレビ電話をかけるような感覚で講師とレッスンを受けることができます。

大量のフィリピン人講師がいつでもスタンバイしている状態なので、こうした24時間体制も可能というわけですね。

NativeCampは他にもネイティブ講師検索もできますし、その日のレッスンのコースをしっかり指定して予約を取ることもできます。

ただしネイティブ講師は予約が限られることと、特別な資格がない大学生という場合もあるのでピンキリにはなってしまうかもしれません。

NativeCampのメリット

  • 24時間いつでもレッスン受講可能
  • アプリをダウンロードすればスマホ一つでレッスン可能
  • 定額で回数無制限でレッスン受講可能

NativeCampのデメリット

  • 講師の質に偏りがある
  • アプリが正常に起動しなかったり、電波状況によってはうまく繋がらない
  • 友達感覚なのでしっかりした英会話レッスン、という感覚とは違う

無料体験の感想

これまで様々なオンラインの英会話サービスを試してきましたが、ここまで手軽に受けられるオンライン英会話はここが初めてです。

NativeCampの売りもまさにそこにあるのですが、予約も不要でオンライン中の講師の方に電話するような形でいつでもどこでもすぐにレッスンを受けることができます。

とにかく英語を使って会話の練習をしたい人や、時間の縛りや面倒なプラン設定や目標設定が煩わしい人にはぴったりのサービスだと思います。

ただし、やはり気にしていた通信クオリティが障害となって数名の講師の人にはかけても繋がらないことが毎回ありました。ここは是非改善していただきたいですね。

また、全体的にラフな感じがあるので、しっかり英語を勉強するといった目的意識ではレッスンの内容や進め方に物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

コースセンターのような忙しなさもあるので、求めているクオリティがないと感じる人もいるようですね。

とはいえこちらは会員登録してから7日間も無料のトライアルとしてレッスンし放題ですのでこの機会にぜひ体験してみることをおすすめします!

>>>NativeCamp公式ウェブサイトからの無料体験申し込みはこちら

7.医療やホスピタリティ、会計英語を探しているならELTO

最後にご紹介するオンライン英会話はELTOです。

シンプルなウェブサイトに見えますが、予約を取ってもその後どのようにオンラインになれば良いかなどが詳しく示されないのでなれるまで少し不安があるかもしれません。

ただしサポート体制はしっかりしているのですぐに問い合わせなども積極的にしていければ問題ないですね。

ELTOの最大の魅力は医療系とホスピタリティという他にはない専門分野での英語・英会話を学んでいけるという点です。

他にも、会計コース、海外留学準備コース、プレミアムビジネスコースなどがあり、かなり具体的なターゲットに絞った質の良いサービスを提供しています。

2020年の東京オリンピックに向けて日本の企業も英語には力を入れているらしく、そうした企業を支えるサービスとして評価を得ています。

もしあなたが医療やホスピタリティといった特殊な分野での英語を上達させたいと考えているのであればELTOはおすすめです。

ELTOのメリット

  • 医療系、ホスピタリティ、会計、ビジネスなど他にはない専門性がある
  • 動画学習を事前にしてからやるので習得が早い

ELTOのデメリット

  • 使い方がわかりにくい

無料体験の感想

最初の使い方がわかりにくかったので、スカイプを立ち上げてから不安な感じで待っていました。

まずELTOのマイページのところで講師の方から連絡があり、そこからスカイプに移行してレッスンが始まりました。

ここでは初めて自分の選んだコースではなく、ELTOについての説明などが中心となるということがあったので少し残念な感じはしました。

講師の方も私が選べるわけではなく始まったので、もう少し全体的に透明性が欲しいかなというところです。

しかし、専門性でいうと群を抜いて優れているのでただ単に英会話を上達させたのではなく、特定の分野に限って学習したい方は一度その分野で試してみると良いと思います。

>>>ELTO公式ウェブサイトからの無料体験申し込みはこちら

8.迷ったらまずは無料体験を申し込もう!

価格重視の方、内容重視の方、いろいろいると思いますが、今日ご紹介したオンライン英会話は全て無料体験のお試しが可能ですのでまずは気になるサービスに登録してみることをおすすめします。

ちなみに、フィリピン人講師に関しては賛否両論あるようですが、私はフィリピン人でも全く問題ないという意見です。

ネイティブ講師でも資格もなく英語が母国語というだけで講師を勤めている場合もあります。(日本語が母国語というだけで日本語を外国人にしっかり教えられる自信、ありますか?)

その点でいえばフィリピン人でもしっかりとした英語教師の資格があり、日本人の感覚をよく理解しているという点ではとてもやりやすいと思います。

本日ご紹介したオンライン英会話はできる内容や講師の質なども様々ですので、まずは試して自分に合うものを見つけましょう。

自分のスタイルに合えば上達も早いもの。お気に入りのサービスで英語力アップを目指してください^^