スマホによる疲れ目、肩こり、頭痛を改善するにはこれ!7つの対策と方法、おすすめサプリも全部教えます!

この記事を読んでいるあなたも今スマホを片手に通勤中や帰宅途中という方、多いと思います。

少し前なら電車内でも新聞や本を読んでいる人が多かったのに、今ではスマホは暇さえあれば無意識に開いてしまうという感じですよね。

でもスマホってずっと見ていると目は疲れるし肩は凝るしで、スマホ酷使による疲労感どうにかならないかなと感じてはいませんか?

そこで今回は、スマホによる様々な健康被害(スマホ老化)を防いで健康的にスマホと付き合っていくための対策とコツを7つご紹介したいと思います!

 

1.スマホが与える悪影響「スマホ老化」とは?

顔を真下に傾けてスマホの画面を食い入るようにして見ている人をよく見かけますよね。気づいていないだけで自分もその中の一人だという自覚を持っている方はいますか?

また、スマホ老化という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

液晶に映し出される文字の見過ぎなどで起きる目の疲れや肩こり、頭痛、眉間のシワなど体のいろんなところに悪い影響が出てくることをスマホ老化と呼びます。

特に若い人の間では視力の低下や睡眠時間や睡眠の質の低下だけでなく指や手の炎症も問題になっています。

年齢が上にいくと、猫背や老け顔が助長されたり、ほおや顎がたるむなどの見た目の変化にも影響してきます。

そしてスマホ1点に集中して画面を見るような使い方は疲れ目や猫背の原因となります。スマホ老化とは、このようなスマホの使いすぎによる下のような健康面への悪影響を総称したものです。

疲れ目

肩こり

頭痛

猫背

不眠

眉間のシワ

ほお、顎のたるみ

目の下のクマ

 

 

2.スマホ老化の種類

スマホ老眼

スマホを見続けてしまうことにより、目のピント調整役を担っている毛様体筋(もうようたいきん)が常に緊張状態に置かれるので固まってしまい、老眼であるかのように近くがぼやけてよく見えなくなる現象です。

スマホをよく使う若い世代に特に多く見られます。また、スマホ老眼だけでなく、疲れ目や恒常的になってしまったり、瞬きするも少なくなるのでドライアイ加速して目の老化が進んでしまいます。

 

ブルーライトによる眼への負担

一定の年齢を過ぎるとやはり老眼や白内障・緑内障のリスクが増えますし、若いうちでもスマホなどから出るブルーライトの影響はなるべく避けなければなりません。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことを言います。パソコンやスマホなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

目で見ることのできる光(可視光線)の中でもっとも波長が短く、強いエネルギーを持っています。そして角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達するので、眼や体に大きな負担をかけていると言われています。

厚生労働省のガイドラインでも1時間の作業を行った際には、15分程度の休憩を取ることが推奨されています。

また、ブルーライトで特に注意が必要なのは夜寝る前にスマホを使うことです。スマホから出るブルーライトは不眠症やうつ病を招くと言われています。

これは、本来昼間太陽から受けるブルーライトをスマホから受けることで体内時計が狂わされることによります。

 

頭痛

疲れ目やドライアイが続くようになると、それが原因で頭痛が引き起こされる場合があります。見えにくいものを一生懸命読もうとすることで筋肉や神経に負担がかかり、圧迫されることで頭が痛くなってしまうのです。

 

猫背・肩こり

どうしてもスマホの小さい画面を見るときに下を向く姿勢が続いてしまいます。こうした姿勢は無意識でなされて、意識的に改善されないと首や肩への負担が大きくなる一方です。

気づかないうちに猫背になり、肩こりも引き起こします。こうした姿勢は胃腸を圧迫したり血液の流れを悪くさせるので、冷え性などの体の不調も合わせて起きるようになってしまいます。

 

眉間のシワ、目の下のクマ

小さくて読みにくい字などは無理して見ようとすればするほど目をしかめるような形になるので、眉間のシワは深くなる一方。さらに、目の下のクマも定着しやすくなるので、一気に老けたような顔が出来上がってしまいます。

人は見た目が9割、と少し前に有名になった本でも言われていますが、見た目年齢は実は内側の健康の指標になるので、スマホ老化には注意が必要です。

 

3.スマホ老化を防ぐ7つの対策とコツ

対策①スマホを正しい角度で持つ

画面を目に近づけすぎて見ようとすると眼だけでなく体全体へ負担がかかります。

スマホと目の距離は最低でも30〜40センチ離して使うようにしてください。また、使う角度も重要です。顔は真下に傾けるのではなく、目(目線)だけを下方へ向けるようにしてください。

この時良い角度はだいたい30度だと言われています。これによって、猫背や肩こり、老け顔を防ぐことにつながります。

 

対策②液晶を明るくしすぎない

青白くコンビニの照明のように明るい画面ではなく、暗めの落ち着いた画面が目には負担をかけないのでおすすめです。

文字も無理して小さいままにするのではなく太く大きめの設定にすることで目に優しくなります。

小さい文字を見ようとするとできる眉間のシワや目の下のクマなどはこうしたことで防ぐことができます。

 

対策③チラ見エクササイズ

スマホを使っている合間合間で、窓の外や遠くの景色をチラッと眺める癖をつけてみてください。手元にある焦点が遠くに移る時には毛様体筋が伸びるので目に良いエクササイズになるんです。

これによって必要以上の疲れ目を防ぐことができます。窓の外は遠くの景色が見れる環境ではない場合でも、少しでも目線を遠くに向けて、壁掛けの時計やカレンダーを見るようにするといった努力でも効果がありますよ。

 

対策④目薬は防腐剤なしのものを

目薬を使って目をいたわってあげることも重要です。コンタクトレンズを使用しているいないにかかわらず、ドライアイ人口は増え続けています。

目薬を選ぶ時はしみないタイプで防腐剤が入っていないものを選んでください。その方が目のためにはよく、目の疲れを癒してくれます。

疲れたら無理をせずにすぐに使う習慣を作ってあげてください。特にスマホやパソコンを仕事などでよく使うという人は2〜3時間に1回の目安でさすことをおすすめします(ただし、使う容量は買った目薬の使用上の注意などをよく読んで、それに従うようにしてください。)

 

対策⑤眉頭の下にあるツボを刺激する

目が疲れたな〜と思ったら、眉頭の内側の下の部分いあるくぼみを親指で押してみましょう。ここは目の疲れに効く眼窩上孔(がんがじょうこう)と呼ばれるツボがあり、交感神経など様々な神経が通っています。

ここを優しく刺激してあげることで疲れた目に直接的に働きかけてくれるので即効性があります。こうしたツボを知っておくだけで、疲れた時の強い味方になります。

 

対策⑥瞑想する

目が休まる状態とはどういうことを言うのかを考えてみてください。実は、目は閉じない限りは休むことがないんです。視界から入っている様々な情報は瞬時に視神系を通って分析されるので、目が開いている限り全てがフル回転な状態なのです。

スマホを見続けているなと感じたら、5分間で良いので目を閉じる時間を作ってください。この時、瞑想/メディテーション/マインドフルネスが一緒に行えると目だけでなく心や脳がすっきりとリセットできるので、緊張状態から解放されて頭痛の予防にもつながります。

 

対策⑦目を温める

上下のまつげの生え際には、まつげとちょうど並ぶような形で「マイボーム腺」と呼ばれる分泌腺があります。

このマイボーム腺は、目に油膜をはったり、涙が蒸発してしまうことを防ぐという大切な役割を担っています。

お風呂に入った時などには是非ホットタオルを目の上においてパックしてみてください。マイボーム腺が温まることで潤い成分が目に充満します。不眠解消にも大変効果があるので、夜寝る前のスマホを控えることと合わせて実践すると良いでしょう。

 

4.スマホ疲れを癒すおすすめグッズ

スマホ用液晶保護ガラス「Z’us-G(ゼウスジー)」

そうは言ってもスマホを見る時間をなかなか減らせない・・という方は、スマホ自体に取り付けられてブルーライトをカットできる液晶保護ガラスがおすすめです。

特にセウスジーの保護ガラスはHOYAグループが世界シェア80%を持つHDD用基板と呼ばれる加工技術を応用して開発した強化ガラスの商品です。

これによって、通常のペラペラの保護フィルムでは実現できない機能で利用している人の満足度も非常に高いものとなっています。

ガラスなので、以下のような特徴があります。

1.カッターでも傷をつけるのが難しい表面硬度9Hの堅さ
2.落球テストで証明された衝撃に強い素材
3.指紋や化粧などの汚れが付かずタッチ感操作感の良さ
4.気泡の入る心配もなく、簡単手軽に装着が可能

高い透過率で画面を楽しめるハイクリアと目に優しいブルーライトカットの2種類がありますが、目のことを考えると断然ブルーライトカットをおすすめします!

>>>HOYA Z’us-G(ゼウスジー) のブルーライトカットシートを見てみる

 

ひとみクッキリサプリ【朝のルテイン&プラセンタ】

スマホの使いすぎでなんとなく視界や見え方がぼんやりしている、夜になると目がショボショボしてしょうがないあ・・といった悩みにはこちらのサプリがかなりおすすめです。

約8割にも及ぶ人が変化を感じたサプリで、医療従事者もおすすめしている商品です。

これまでブルーベリーが目に良いと言われてきましたが、ブルーベリーサプリを飲んでもなんだかすっきりしてこなかったという人は結構います。

そこで、今注目されているルテインという成分がこのサプリには一般的なサプリに比べて6倍以上と非常に多く含まれています。マリーゴールドの花から抽出した成分で、NHKでも紹介されて話題になりました。

また、ルテインサプリとしては日本で初めてプラセンタも配合!発売以来20万本に迫る勢いで売れ筋を伸ばし続けています。

気になる方は毎月先着1000名限定で500円でお試しが可能ですので、是非この機会に試してみてはいかがでしょうか。

>>>朝のルテイン&プラセンタを公式ウェブサイトから500円で試してみる

5.まとめ

スマホは便利で、もはや毎日手放せない大事なツールになっていますが、毎日使うものだからこそ正しく付き合っていかないと体への悪影響も心配されます。

目の疲れは顔全体の表情や老化に直結しますし、肩こりや頭痛、不眠や鬱などの二次災害的な健康被害も引き起こしてしまいます。

今回ご紹介したような対策を日頃からとって、スマホによる体の負担を大きくしないよう努力していってくださいね。

また、おすすめのサプリや商品なども利用して、目をいたわる生活を心がけてください^^